ひつじやのつまみ細工

江戸時代に京都の宮廷から伝わり、江戸の大奥を通して民間にも広まったとされるつまみ細工。現在では舞妓さんの結い髪を四季折々に彩り、七五三の晴れの日に豪華さを添えています。このつまみ細工、折り紙で鶴が折れる方ならどなたでもできる簡単な2つの方法から成っています。不器用な方でもキレイに楽しく作れる初級からプロを目指す上級、講師養成講座までのつまみ細工教室の講師のブログです。

すっきりカラーの薔薇鶴かんざし

f:id:flowerflakes:20180113112115j:image

f:id:flowerflakes:20180113112102j:image

 

f:id:flowerflakes:20180113112308j:image

 

 

身体が薔薇の豪華な鶴に薔薇の下りをつけて。

 

 

白い薔薇孔雀のかんざし

f:id:flowerflakes:20180109163125j:image

 

 

こちらがオリジナルの色です。

f:id:flowerflakes:20180109163205j:image 

f:id:flowerflakes:20180109163134j:image

 f:id:flowerflakes:20180109163214j:image

 

 

バラのバレッタとコサージュの重ね付け

f:id:flowerflakes:20170330151459j:image

 

重ねてつけるようにデザインしてみました。

 

満開の桜の枝のコサージュ

つまみ細工は、基本の丸つまみと剣つまみを使って色々なお花を表現しますが、桜の表現の仕方だけでもいくつも工夫することができます。

 

そのうちの3つを。

f:id:flowerflakes:20170323104143j:image

 

ピンクが一番一般的な桜つまみ。

青は少し野性味のある山桜つまみ。

クリーム色はふんわりした雰囲気の丸裏返しでの山桜つまみです。

戌年のコサージュ

f:id:flowerflakes:20170321190743j:image

 

若干マヌケなワンちゃん。

NHKのわんわんをイメージしたんですが、Instagramにアップしたところ、さんまのまんまの「まんまちゃん」にそっくりとのことです。

 

現場からは以上です。

酉年のコサージュ

f:id:flowerflakes:20170321190112j:image

 

鶏の上半身です。

今度はもっと全身のを作って見ます。

 

 

申年のコサージュ

f:id:flowerflakes:20170321083955j:image

 

猿といえば、バナナ?

南国な雰囲気の赤い大きなお花と一緒に♡