ひつじやのつまみ細工

江戸時代に京都の宮廷から伝わり、江戸の大奥を通して民間にも広まったとされるつまみ細工。現在では舞妓さんの結い髪を四季折々に彩り、七五三の晴れの日に豪華さを添えています。このつまみ細工、折り紙で鶴が折れる方ならどなたでもできる簡単な2つの方法から成っています。不器用な方でもキレイに楽しく作れる初級からプロを目指す上級、講師養成講座までのつまみ細工教室の講師のブログです。

┗梅

カラフルな梅の花々

ポップな春半玖珠

ベージュピンクのアメピン

七五三の髪飾りにも♪サーモンピンクの梅のアメピン

シンプルなデザインの梅のアメピン

おめでたいカラーの梅の下がり付きアメピン

「お花見」というと何を思い浮かべるでしょうか。 もちろん桜ですね~。 日本人の大好きな桜! 桜は、下を向いて咲くので、木の下から見上げながら宴会をするのに向いているのだそう。 でも、実は!お花見といえば、梅だった時代もあるようです。 奈良時代に…